法政大学応援団
〒102-0071  東京都千代田区富士見2-17-1  TEL/FAX 03-3264-6343

基本理念

私たち法政大学応援団は
 人への熱い思いを応援という形にし
 人のために全力を尽くし、人を勇気づけます
学生の代表としての自覚と誇りを持ち
 社会から必要とされる存在であり続けます

行動指針

・人を敬い、自らを律し、何事にも真剣、本気で取り組みます
・常に相手の立場を考えて行動し、一人一人を大切にします
・学生生徒の代表として、学業と応援団活動を両立させます
・仲間のことをよく知り、活動を通じて得られる絆を大切にします
・進取を伝統として、社会に適応していきます

令和元年度団スローガン「自律心」

第九十四代法政大学応援団は、本年度団スローガンとして
「自律心」を掲げて参ります。
このスローガンには、「自律」と「自立」、二つの異なる思いを込めました。

一、「自律」
まず「自律」という言葉には、応援団の本質である
「黒子」となるという思いを込めました。
応援団は応援の指揮を執る存在故に目立ち、注目を集める存在ですが、
その際に団員自身が主役となってしまえば本来の力が損なわれてしまいます。
その為に応援団として活動する際は、自らを律し謙虚な姿勢で
あくまでも主役は選手という気持ちで活動する事が大切です。
これらを心に刻み、我々の本質的な力をより一層高めて参ります。

二、「自立」
そしてもう一つの「自立」という言葉。
こちらには団員自ら考え、自ら進んで行動する事のできる「自立心」を持ち、
また団員一人一人が社会に出ても胸を張って
応援団員ということを誇れるように「自立」すること。
そして後輩達にもこれらの大切なことを伝えて自立させる。
いわば我々の要とも言える先輩後輩との関係を強めていく
というような思いを込めました。
これらは応援団にとって失ってはならないもので御座います。
このスローガンに込めた信念を貫き、
日々精進して参りますので、今後共よろしくお願い致します。



戻る